季節の魚でお造り


お造りの魚では、それぞれの季節によって最も美味しいものがあります。
お造りの一番主役ともいえる魚は「鯛」と言えますが、鯛の旬は春、といわれています。
鯛の中でも最もいい、といわれているのが、瀬戸内の鯛。
その理由として、瀬戸内海は海老のプランクトンが豊富だから、とされ、上等な鯛なら、車海老のような甘みのある味がします。
同じ鯛でも、食べているものによって、味が全く異なります。
関東なら佐島、関西なら鳴門や明石、というように、湾の中にいる鯛が美味しいとされるのは、入り江には海老のような甲殻類のえさが多い、と思われるからです。
鯛の旬は一般的には春といわれますが、実際には秋の鯛のほうが脂が乗っていることが多いです。
夏の魚でおすすめは、カレイです。
カレイと似た魚にヒラメがありますが、これは冬に旬を迎えます。

次にイカの話をします。
イカの刺身などは、細く切って出されますが、これには理由がちゃんとあるんです。
イカは軟体動物で骨がないため、筋肉が硬くなっています。
だから、細く切る、あるいは包丁で細かく切れ目を入れる、ということが基本です。
切れ目を入れることによって、イカの甘さをさらに感じられるようになります。

お刺身につけるものといえば醤油が一般的ですが、魚の種類によっては塩も相性が良いです。
例えばイカや、ある特定の白身魚などは、塩のほうが魚自体の香りを楽しむことが出来ます。
ただ、これはお酒を飲んでいるときの話。
ご飯と一緒なら、お醤油がやっぱり最適です。

同じお刺身といっても、魚によって変えるものがあります。
それは「切り方」です。
お刺身の切り方は、基本的に魚の大きさによって変えます。
小さい魚の場合には、身が柔らかめなので厚めに切って、逆に大きい魚は硬いので、薄めに切ることが多いです。





TOPページへ戻る